ここから本文です

失墜の“カナリア軍団”復活へ ブラジル代表新監督に2012年クラブ世界一の名将チッチを招聘

Football ZONE web 6/21(火) 15:20配信

リオ五輪はU-20ブラジル代表のミカーレ監督が昇格 大会後に正式就任へ

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は、コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)でのグループリーグ敗退を受けて解任となったドゥンガ前監督の後継者として、2012年にコリンチャンスでFIFAクラブワールドカップを制したチッチ監督を招聘したと発表した。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 55歳のチッチ監督は、リオデジャネイロ五輪終了後に正式にセレソンの指揮官に就任する。これまでにブラジル国内でコリンチャンスやパルメイラス、グレミオ、そしてUAEのアル・アインなど計13クラブの監督を歴任。コリンチャンスでは2度のリーグ制覇とコパ・リベルタドーレス杯を制し、12年に日本で開催されたクラブW杯では、決勝で当時の欧州王者チェルシーを1-0で下して、世界一に輝いていた。

 ブラジルは開催国として出場するリオ五輪でも、A代表とU-23代表を兼任するドゥンガ前監督が指揮を執るはずだった。空位となったU-23代表の監督には、U-20ブラジル代表を指揮していたロジェリオ・ミカーレ監督が昇格する形で就任することが決定していた。

 クラブで結果を残したチッチ監督は、低空飛行の続く“サッカー王国”を立て直すことができるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/21(火) 15:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。