ここから本文です

ロシア監督、ウェールズ戦後に辞任申し出。EURO本大会導くも1分2敗で敗退

フットボールチャンネル 6/21(火) 11:10配信

 ロシア代表を率いるレオニド・スルツキ監督が、EURO2016グループステージ敗退となった後に辞任を申し出た。20日に英メディア『BBC』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 同メディアによると、ウェールズ代表に0-3で敗れ敗退が決定した後にスルツキ監督が「私はこのような大会の結果の後に、国民のためにも誰かが責任を取る必要があると思っている」とコメントし、辞任を申し出たとのこと。

 スルツキ監督は2015年8月にファビオ・カペッロ前監督の後任として代表監督に就任。EURO予選は6勝2分2敗の結果を残し、グループリーグ2位で本大会出場を決めていた。

 本大会初戦ではイングランド代表に引き分け、続くスロバキア戦では1-2で敗戦。そして、ウェールズ戦も0-3で敗れ1分2敗の4位で大会を去っている。2018年W杯まで指揮を執る可能性もあったが、自ら辞任を申し出る形となった。

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 11:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)