ここから本文です

エイフェックス・ツイン、12歳の少年が監督務めた最新MVを公開

リアルサウンド 6/21(火) 23:00配信

 エイフェックス・ツインが、7月8日にリリースする最新作『Cheetah EP』より、収録曲「CIRKLON3 [ Колхозная mix ]」のミュージック・ビデオを公開した。

 同アーティストがMVを公開するのは、「Windowlicker」以来、約17年ぶりとなる。エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスと〈Warp Records〉が監督に指名したのは、ダブリン在住の若干12歳の少年、ライアン・ワイアー(Ryan Wyer)。彼は自身のYouTubeチャンネル「epic1:40d Gaming」を持ち、数年前からエイフェックス・ツインやスクエアプッシャーの音源を使用した自作のビデオをアップしていたことが、今回の起用に繋がったという。

 『Cheetah EP』は、国内盤にオリジナル・ロゴ・ステッカーが封入され、初回生産盤のみ紙ジャケット仕様となるほか、数量限定で、最新Tシャツ付セットもリリース。対象店舗で購入した場合は、オリジナル・ロゴ・マグネットが封入される。

 なお、現在beatkartにて行われているTシャツ・キャンペーンでは、入手困難となっていたエイフェックス・ツインTシャツ4種が少数のみ6月24日より再販売される。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/21(火) 23:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ