ここから本文です

デル・ボスケ監督、ペドロの発言を問題視せず「現実を見せてくれただけ」

フットボールチャンネル 6/21(火) 16:00配信

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は20日、ペドロ・ロドリゲスが「グループの一員となるためだけに代表へ来るのは困難」と発言したことについて記者会見で自身の見解を述べた。英『スカイ・スポーツ』などが報じている。

【スペインはグループD首位 EURO2016 最新順位表】

 ペドロの発言はチームの和を乱す問題発言として世界各国のメディアで取り上げられた。それでもデル・ボスケ監督は今後の戦いに影響しないと考えている。「彼が言ったことは決して敬意を欠いたわけではない」と語り、「プレーしていない12人が感じている現実を見せてくれただけだ」と冷静に受けて止めていた。

 そしてすでにペドロから謝罪を受け、処分を科すつもりもないとの意思を示している。経験豊富な指揮官は「ペドロがプレーしていないことで少し苛立っている。それは避けられないし、起こりうることだった。我々はすべての選手が幸せで快適にプレーできるよう努力する」と出番の少ない選手の気持ちも十分に理解している。

 また、デル・ボスケ監督はこういった話題が出ることは注目を浴びる代表チームでは仕方ないことだと考えている。「すべてのニュースがポジティブな時、ネガティブな話題も少しずつ噴き出してくる。しかし、それらが我々に大きな影響を与えるとは思わない」と全く意に介さない。

 不満を漏らしたペドロに対しても「彼はこのチームで50試合以上に出場しており、非常に重要な選手だ」と信頼を強調したデル・ボスケ監督。スペイン代表はすでにEUROの決勝トーナメント進出を決めており、大会3連覇に向け改めてその手腕が問われる時がきている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 16:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。