ここから本文です

Jリーグ、来季放映権は未定も選定は大詰めか。3社が争う

フットボールチャンネル 6/21(火) 19:15配信

 Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)は21日、都内で理事会を開催し、それにともなう記者会見を行った。

 この日の朝、一部で来季のJリーグ放映権が21日に決定されるとの報道があったが、村井満チェアマンは開口一番これを否定。「放映権は非常に重要なこと。Jリーグの発展を左右しかねないものだ。結論には至っていない。(選定)途中でお伝えすることはない」と語った。

 理事会では放映権に関する第1回の議論が行われ、3時間に及んだという。「これは来季の(放映権の)選定。あまり引きずることがないようにしたい。色々な角度から議論した。いくつかの課題も明確になった」とチェアマンは述べている。

 今年までJリーグはスカパー!と契約しており、その金額は年間30~50億円と推定されている。来季へ向けての入札企業は3社。既存のスカパー!、そして新規のソフトバンクと、NTTグループと手を組んだパフォームグループとが争っている。

 来季となると、ファンへの告知や放送準備などを鑑みて、残された時間は少ない。選定作業は大詰めを迎えていると見て間違いない。

 新規入札企業は現契約の2倍以上の金額で入札していると見られている。放映権料の増加は各クラブの収入増につながり、選手獲得費用や育成部門の充実など様々な面で発展が考えられる。ピッチ内での魅力は増えるだろう。

 だが、新規2社はテレビではなく、PCやタブレット、スマートフォンなどのライブ・オンデマンド配信となることが有力。ファンはスカパー!での放送に慣れ親しんでおり、新たな放送形態が受け入れられるかどうかは不透明だ。

 果たしてJリーグはどのような選択をするのか。次回の理事会は7月に予定されており、早ければそこで発表されるだろう。

(取材・文:植田路生)

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 20:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。