ここから本文です

EURO、今大会から3位チームもGS突破の可能性…決勝Tの組み合わせはどうなる?

フットボールチャンネル 6/21(火) 20:20配信

 現在フランスで開催されているEUROも2つのグループが最終節を終え、決勝トーナメント進出および敗退チームが決定し出してきた。

【EURO2016 最新順位表】

 出場国数が「24」に増えた今大会は、決勝トーナメント進出のレギュレーションも変更されている。各グループ上位2チームに加えて、3位チームのうち成績上位4チームも決勝トーナメントに進出できる。

 決勝トーナメントでは、Aグループ1位通過が決まった開催国フランス、Bグループ1位通過が決まった初出場のウェールズに加えてCグループとDグループの1位チームが、グループステージを3位で突破したチームと対戦する組み分けとなっている。

 全6グループのうち、どのグループから3位で突破するチームが出るかによって決勝トーナメントの組み合わせが異なる。上記の図のように、組み合わせのパターンは全部で15通りある。

 例えば、A~Fグループのうち突破する3位チームがA・B・C・Dグループから出た場合、フランスはCグループの3位、ウェールズはBグループの3位との対戦となり、Cグループ1位はAグループ3位のアルバニア、Dグループ1位はBグループ3位のスロバキアと対戦する。(※表の一番左のパターン)

 A・B・C・Eグループから突破した場合は、フランスはCグループの3位と、ウェールズはAグループ3位のアルバニアとの顔合わせとなる。(※左から2番目のパターン)

 このように、今大会は最後の試合が終了するまではどのチームと決勝トーナメントで対戦するか分からない展開が続くことになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/21(火) 20:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。