ここから本文です

進化する「第3のコーヒー」の波、ベイエリアから各地へ

Forbes JAPAN 6/21(火) 17:00配信

いま、世界的に「コーヒー」がアツい。日本でも昨年、コーヒー界のアップルこと米人気店「ブルーボトルコーヒー」の上陸が話題になった。

【マップ】新手のコーヒー店はシリコンバレーと東海岸に集中

特に、アメリカでは「第3の波」と呼ばれる、新手のコーヒー店が次々と誕生している。コーヒーをお洒落に効率よく提供するスターバックスやタリーズといったチェーン店に続く潮流だ。こうした新規店は、新鮮な有機栽培豆を使った飲料を提供することで、コーヒー党を惹きつけている。

なかでも、人気店が集まるのがシリコンバレー界隈。ツイッターなどが本社を置くサンフランシスコには、多くのIT技術者がおり、彼らがコーヒー人気を煽ってきた。「サイトグラス・コーヒー」にはツイッターの共同創業者ジャック・ドーシーが出資している。

データ分析やハッカソン(社内開発イベント)など、IT業界のトレンドを取り入れた商品開発をするベイエリア発のコーヒー店は各地へ進出中。コーヒー業界の革新がますます進むかもしれない。全米マップと各店のカップやロゴとともに17店を紹介する。

1 CAFFE VITA COFFEE ROASTING
カフェ・ヴィータ・コーヒー・ロースティング
シアトル:6店舗、その他6店舗

2 FIVE POINTS COFFEE ROASTERS
ファイブ・ポインツ・コーヒー・ロースターズ
ポートランド:2店舗

3 SIGHTGLASS COFFEE
サイトグラス・コーヒー
サンフランシスコ:2店舗

4 BLUE BOTTLE COFFEE
ブルーボトルコーヒー
サンフランシスコ:10店舗、その他:15店舗

5 VERVE COFFEE ROASTERS
ヴァーヴ・コーヒー・ロースターズ
サンタクルス:3店舗、その他:4店舗

6 GROUNDWORK COFFEE
グラウンドワーク・コーヒー
ロサンゼルス:11店舗

7 CARTEL COFFEE LAB
カルテル・コーヒー・ラボ
フェニックス & トゥーソン:6店舗

1/2ページ

最終更新:6/21(火) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革