ここから本文です

IMF報告書に騙されてはならない? 「EU離脱で景気後退」はあくまで可能性

Forbes JAPAN 6/21(火) 9:50配信

国際通貨基金(IMF)は先ごろ、英国が欧州連合(EU)を離脱すれば同国経済はリセッション(景気後退)に陥る危険があるとの見解を示した。だが、その内容はそれほど興味深いものとはいえない。



どの国の経済にも常に、リセッションの可能性はある。さらに、IMFが「ブレグジット(英国のEU脱離)」が及ぼす影響について正確に理解しているとは思えない。どちらかといえば、彼らは近い将来に起こるかもしれないことについて、ただまとめて述べているにすぎない。つまり、EUの現行の規則では、離脱に向けた手続きの完了までには最低でも2年かかることを忘れているのだ。

報告書は、次のように警告している。

「2019年の英経済見通しについて、EUから離脱すれば実質国内総生産(GDP)が離脱しない場合に比べ、最悪の場合5.6%減少する可能性がある」

「ブレグジットは、近い将来の英経済における最大のリスクだ」。さらに、実質的な経済的影響は恐らく「かなりのマイナス」だという。

IMFはブレグジットの影響に関してこれまで示された予想の中で、最も厳しい見方のひとつを示した。ただし、英経済が現在よりも5.6%縮小すると明言している訳ではない。考え得る影響には幅があるとした上で、離脱すればそれだけ縮小する可能性があると述べているだけだ。

英ガーディアン紙は6月18日付けのこの問題に関する記事に、「ブレグジットは英国にリセッションを招くだろう、IMFが指摘」との見出しを付けたが、この表現は適切ではないといえるだろう。

指摘はあくまで「可能性」

景気後退とは、経済成長が予想を下回ることではない。実際に経済が縮小することだ。報告書は英経済の2017年の経済成長率が0.8%のマイナスに転落すると指摘しているが、それはあくまでEUから離脱し、2019年のGDPが5.6%減少すると見込まれる場合に、というシナリオの中での仮説だ。

つまり、ブレグジットは景気後退を起こす可能性があるが、恐らくはそれは起きないともいえる。この報告書でより関心を引かれる点は、ブレグジットよりもここ数年の英経済に関する見方だ。

1/2ページ

最終更新:6/21(火) 9:50

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革