ここから本文です

世界1億人が利用する「スポティファイ」 年間200億円の赤字 

Forbes JAPAN 6/21(火) 12:22配信

音楽ストリーミングサービス、スポティファイ(Spotify)の月間アクティブユーザー数(MAU)が世界1億人を突破した。スウェーデン発のスタートアップ企業の同社は記念すべきマイルストーンに到達したと言える。



1億人のユーザーのうち広告が非表示になる有料プレミアムプランに加入しているのは3000万人に過ぎないが、利用者の伸びに比例して、有料ユーザーも増加中という。

アップルミュージックの約7倍のユーザー数

スポティファイは昨年末時点のMAUを8,900万人と報告しており、今回の発表で、顕著なユーザー数の増加を遂げたことが分かる。スポティファイは毎月200万人ペースで利用者を獲得しており、今年前半のみで1,000万人以上が新規ユーザーとして加わった。

スポティファイが1億人を突破するのは時間の問題だったとも言えるが、この数字は同社のさらなる成長を期待させるものだ。このカテゴリーではiHeartRadioのMAUが8,500万人、パンドラが約8,000万人、アップルミュージックが1,500万人という利用者数を公表したばかりだ。Tidal やRhapsodyらは数百万人レベルであり、スポティファイはこれを大きく引き離している。

ただし、スポティファイを筆頭に大規模なユーザー数を抱えるサービスはいずれも、無料ユーザーをメインとしたサービスだ。一方でアップルミュージックやTidalは課金を前提としたサービスであり、無料トライアル期間の経過後は自動的に課金が開始される。

ここ数年でスポティファイはストリーミング業界をリードする存在として台頭し、この分野の成長を牽引してきた。また、資金調達の動きも活性化させ、今年3月には10億ドル(約1,080億円)をデット・ファイナンス(負債として計上される借入金)の形で調達した。この資金で同社は音楽業界との連携強化を行ない、最近ではレディー・ガガの元マネージャーのトロイ・カーターを幹部に起用する動きも見せた。

売上2,200億円でも200億円以上の損失

また、動画コンテンツの強化やアーティストへのロイヤリティ支払額を増やすことも期待されている。スポティファイは2015年に19億5000万ユーロ(約2,294億円)の売上を計上。2014年の10億800万ユーロから、売上はほぼ倍増したが依然として赤字で、損失額は1億7,300万ユーロ(約204億円)に及んでいる。

同社によると2015年のロイヤリティ支払額及びオペレーションコストは16億3,000万ユーロ(約192億円)に達したという。

Hugh McIntyre

最終更新:6/21(火) 12:22

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。