ここから本文です

【EURO展望】北アイルランド×ドイツ|攻撃陣が低調なドイツ。大幅なテコ入れも?

SOCCER DIGEST Web 6/21(火) 11:00配信

ゲッツェのゼロトップに固執する理由はどこにも見出せない。

EURO2016
グループC3節
6月21日(火)/18:00(日本時間25:00)/パリ
北アイルランド×ドイツ
主審:クレマン・チュルパン(フランス)

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

【注目ポイント】
●レーブ監督がどのような改善策を施すか
●高い強度を誇る北アイルランドの守備ブロック

【試合展望】
 1勝1分けとまずまずのスタートを切ったとはいえ、ドイツは決して順風満帆なわけではない。フンメルスの復帰で安定感を取り戻した守備はともかく、ポーランド戦後に「いつものようにチャンスを作れなかった」とレーブ監督が振り返ったとおり、攻撃面では課題が山積している。

 考えられるのは、レーブ監督が絶大な信頼を寄せるシュバインシュタイガーの先発起用。この主将がピッチに立てばプレー面はもちろん、精神面でも大きなプラス効果が期待できる。その場合は4-1-4-1へのシステム変更が有力だが、ブラジルW杯でも使用した布陣だけに選手たちに戸惑いはないはずだ。

 ゲッツェのゼロトップに固執する理由は、もはやどこにも見出せない。ほとんど機能しなかったこれまでの2試合を鑑みれば、ミュラーもしくはゴメスの起用に踏み切る可能性は低くないだろう。

 対する北アイルランドは前節のウクライナ戦で2-0で勝利し、歴史的な初白星を挙げた。突出したタレントこそ不在だが、コンパクトな守備ブロックは高い強度を誇る。敵の強力な攻撃を凌ぎつつ、得意のセットプレーからワンチャンスをモノにできれば――。世界王者を相手に一泡吹かせても不思議はない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:6/22(水) 3:22

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。