ここから本文です

【EURO展望】一矢報いたいウクライナにポーランドの自慢のカウンターが襲い掛かる!?

SOCCER DIGEST Web 6/21(火) 11:00配信

両翼のケアを怠らなければ3試合連続の完封も。

EURO2016
グループC3節
6月21日(火)/18:00(日本時間:25:00)/マルセイユ
ウクライナ×ポーランド
主審:スバイン・モーエン(ノルウェー)

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

【注目ポイント】
●ドロー以上で2位以内が確定するポーランドは守備を優先か
●ウクライナは両サイドアタッカーと迫力不足のCFの出来が鍵に

【試合展望】
 すでに敗退が決定したウクライナと、勝てば首位通過の可能性もあるポーランド。実力的に大きな差はないが、ここまでポジティブなパフォーマンスを披露し、なおかつより高いモチベーションで試合に臨むであろう後者に分があると見るべきだ。

 そのポーランドはディフェンス陣の好調が際立つ。パズダンとグリクの両CBが身を挺した守りで最終ラインに堅牢を築き、その前方でMFクリホビアクが気の利いたポジショニングと果敢なプレスでピンチの芽を摘む守備ブロックは、強固そのものだ。

 ヤルモレンコとコノプリャンカを軸とする相手のサイドアタックは確かに厄介だが、攻撃のバリエーションがさほど多くないうえ、CF陣が迫力不足を露呈している。両翼のケアを怠らなければ、3戦連続の完封も十分狙える。

 ここまで1ゴールとはいえ、ポーランドは攻撃も悪くはない。ボール奪取後の素早い展開からサイドを経由して中央のレバンドフスキ、あるいはミリクに合わせるスピーディーなアタックは、優勝候補のドイツをも苦しめている。

 引き分け以上で2位以内が決まるポーランドは、首位通過にこだわらなければリスクを冒す必要はない。守備を優先しつつ、最後の試合で一矢報いるべく前に出てきたウクライナにカウンターを仕掛ける。想定できるのは、そんな展開だ。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:6/21(火) 11:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。