ここから本文です

宇佐美貴史・移籍会見全文|『壁にぶつかって、こけて、また起き上がって、という人生を選んだ』

SOCCER DIGEST Web 6/21(火) 16:30配信

「挑戦したい、という気持ちは割とすぐに固まりました」

 G大阪のエース、FW宇佐美貴史のドイツ1部アウクスブルクへの完全移籍が発表され、6月21日13時から記者会見が行なわれた。

【PHOTO】宇佐美貴史~アウクスブルク移籍までの軌跡~2007-2016

 多くの報道陣が詰めかけるなか、宇佐美は自身2度目のブンデスリーガへの挑戦について「心の底から愛しているクラブよりも、またゼロから環境を作っていけるような、壁にぶつかって、起き上がって、という人生を選んだ」と語った。

 今週末に市立吹田サッカースタジアムで行なわれるJ1第1ステージ17節の名古屋戦が、G大阪のユニホームを着て戦う、ラストマッチになる。

 以下、記者会見での宇佐美のコメント全文を紹介する。
 


 こんにちは。G大阪の宇佐美です。移籍に関してですが、こんなにも自分自身が愛しているガンバでサッカーをできることは本当に幸せだと思っていましたし、僕自身、ガンバはファンから始まったクラブで、そのファンの人たちに応援してもらえるこの環境を心の底から愛しています。
 
 ただ、挑戦のない人生というか、壁にぶつからない人生は自分らしくないと思いますから。自分が道を外れた時には軌道修正をしてくれる人がたくさんいるこの環境、また常に失敗をしても期待して応援し続けてくれるファンの人たちがいるこの環境ではなく、またゼロから環境を作っていけるような……壁にぶつかって、こけて、また起き上がって、という人生を選びました。
 
 そっちのほうがおそらく苦しいはずだし、楽しくない事も多いはずですが、自分の成長のため、また自分の人生、サッカー人生のために移籍を決断させていただきました。
 
――オファーが来た時の率直な気持ちを聞かせてください。

 タイミングとしては割と早い段階からいただいていましたし、オファーの内容自体も、熱意も含めて、自分自身が満足できる内容でしたので、挑戦したいという気持ちが沸き上がり、すぐにアウクスブルクのオファーに興味を持ちました。そういう意味では、挑戦したいという気持ちは割とすぐに固まりました。

――アウクスブルクの印象は?

 何年か前に細貝選手がプレーしていたり、現在も韓国人選手が多く所属していますし、アジア人の選手がプレーしやすい環境は整っているという話は聞いているので。クラブとしても成長を続けていますし、愛情に溢れたクラブだとすごく感じたので、そのへんでより魅力を感じました。

1/4ページ

最終更新:6/21(火) 19:03

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。