ここから本文です

セレソンの新監督にチッチが正式決定! 王国復活へ、過去から学べ! ブラジル代表のベストチーム10選

SOCCER DIGEST Web 6/21(火) 15:01配信

フッチボウ・アルチを体現した70年のチームが歴代1位

 コパ・アメリカ・センテナリオで屈辱のグループステージ敗退に終わったブラジル代表。コリンチャンスを率いるチッチがドゥンガの後任に決定し、今後の巻き返しが期待されるが、これまでワールドカップに臨んだ過去のチームは、どれほどタレントが充実していたのか。
 
  結果ではなく純粋な戦力値で1960年以降のセレソンをランク化。ベスト10を選出した。ペレが、ロナウドが、ロナウジーニョが――。往年のスターが躍動したブラジル代表を、いま一度振り返る。
 
●歴代ベストチーム10選
1位   1970年ワールドカップ(優勝) 監督:ザガロ       ←PICK UP!
2位   2006年ワールドカップ(ベスト8)   監督:パレイラ       ←PICK UP!
3位   1982年ワールドカップ(2次リーグ敗退) 監督:テレ・サンターナ ←PICK UP!
4位   2002年ワールドカップ(優勝) 監督:スコラーリ   ←PICK UP!
5位   1998年ワールドカップ(準優勝) 監督:ザガロ
6位   1994年ワールドカップ(優勝) 監督:パレイラ     ←PICK UP!
7位   1962年ワールドカップ(優勝) 監督:モレイラ
8位   1986年ワールドカップ(ベスト8) 監督:テレ・サンターナ
9位   2014年ワールドカップ(ベスト4) 監督:スコラーリ      ←PICK UP!
10位   2010年ワールドカップ(ベスト8) 監督:ドゥンガ ←PICK UP!
 
――◆――◆――
PICK UP!
歴代1位
1970年ワールドカップ
(戦績:優勝)
 
主要メンバー
GK:フェリックス
DF:C・アウベルト、ブリトー、ピアザ、エベラウド
MF:ジェルソン、クロドアウド
FW:ペレ、リベリーノ、トスタン、ジャイルジーニョ
 
 ペレを筆頭に所属クラブで10番を担っていたエース格が5人同時にピッチに立ち、絶妙なハーモニーを奏でた奇跡のチームだ。主将を務めた右SBのC・アウベルト、クレバーな守備が光ったボランチ出身のCBピアザなど、DFラインにも攻撃志向の強いタレントが揃い、ブラジル伝統のフッチボウ・アルチ(芸術的なサッカー)を体現。引き分けすらない6戦全勝で世界の頂点に立った。
 
 
PICK UP!
歴代2位
2006年ワールドカップ
(戦績:ベスト8)
 
主要メンバー
GK:ジダ
DF:カフー、R・カルロス、ルッシオ、ファン
MF:ロナウジーニョ、カカ、エメルソン、ゼ・ロベルト、ジュニーニョ
FW:ロナウド、アドリアーノ、ロビーニョ
 
 ロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノ、カカを同時に起用する、いわゆる“カルテット・マジコ(魔法の4人組)”が最後まで機能せず、ベスト8で屈辱の敗退を喫した。とはいえ、衰え知らずのR・カルロスとカフーが相変わらず健在で、CBは全盛時のルッシオとファンが務めるなど、守備ブロックにもタレントが充実。総合的な戦力は、70年ワールドカップのドリームチームにも伯仲する。
 
 
PICK UP!
歴代3位
1982年ワールドカップ
(戦績:2次リーグ敗退)
 
主要メンバー
GK:W・ペレス
DF:オスカー、ルイジーニョ、レアンドロ、ジュニオール
MF:ジーコ、ソクラテス、ファルカン、T・セレーゾ、バチスタ
FW:セルジーニョ、エデル
 
 ジーコ、ソクラテス、ファルカン、T・セレーゾの「黄金のカルテット」だけでなく、レアンドロ&ジュニオールの超攻撃的SB、破壊力抜群の左足でゴールを強襲したエデル、さらにはオーバーラップが光ったオスカーなど、アタッキングマインドの強い好タレントを揃えたテレ・サンターナ監督の最高傑作。泣き所だったCFとGKに一線級がいれば結末は違っていたかもしれない。
 
 
PICK UP!
歴代4位
2002年ワールドカップ
(戦績:優勝)
 
主要メンバー
GK:マルコス、ジダ
DF:ルッシオ、R・ジュニオール、エジミウソン、R・カルロス、カフー、
MF:G・シウバ、クレベルソン、カカ
FW:リバウド、ロナウジーニョ、ロナウド、デニウソン
 
 中盤にG・シウバ、クレベルソンという堅実なタレントを置き、前線の個人技を主体とするサッカーで史上最多5度目の優勝を勝ち取った。猛威を振るったのは、8ゴールで得点王に輝いたロナウド、左足で次々と奇跡を起こしたリバウド、創造性豊かなプレーで 攻撃に彩りを加えたロナウジーニョで構成した、いわゆる“3R”。この大会では20歳のカカが、ワールドカップデビューを果たしている。
 

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

1/2ページ

最終更新:6/21(火) 15:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。