ここから本文です

国家とも闘ったモハメド・アリの素晴らしき人生

JBpress 6/21(火) 6:15配信

 「蝶のように舞い、蜂のように刺し」ヘビー級ボクシングを変えた。「ベトコンは俺をニガー(黒人の蔑称)とは呼ばない」と、兵役を拒否、黒人差別の現実を訴え、ベトナム反戦の旗手となった。黒人社会にとって特別な存在、社会問題を身をもって提起した稀有なるアスリート、モハメド・アリ。

 近年、社会問題に一家言持つアスリートも増えた。しかし、ピークにあるキャリアをリスクにさらしてまでも行動する者は少ない。だから「I am the greatest」とまくしたるtrash talkerであっても、アリは「people’s champ」であり続けた。

 そのフィクションのごとき波乱万丈の人生は、多くの映画で知ることができる。

 ウィル・スミスがアリを演じアカデミー賞主演男優賞候補となった『ALI アリ』(2001)。ジョージ・フォアマン、ジョー・フレージャー、ラリー・ホームズ、レオン・スピンクス、ケン・ノートン・・・対戦相手のボクサー視線で語られるドキュメンタリー『フェイシング・アリ』(2009)。アリ自らが主演した自伝の映画化『アリ/ザ・グレーテスト』(1977)という作品もある。

■ ケンタッキー州ルイビル生まれ

 ケンタッキー州ルイビルに生まれ、ローマ五輪ライトヘビー級金メダリストとなったカシアス・クレイは、1964年、圧倒的不利との予想を覆し、王者ソニー・リストンを倒し、22歳でヘビー級王座についた。

 そして、「Nation of Islam」信徒であることを公言。名前も「モハメド・アリ」となった。

 アーニー・テレルとの王座統一戦では、「カシアス・クレイ」と呼び挑発するテレルに対し、アリは「アンクル・トム」と応酬、試合中も「俺の名は?」と叫びながら勝利した。

 アリは言う。「カシアス・クレイは奴隷主につけられた名前だ」と。

 アリは無敵の強さを見せ続けた。しかし、1967年3月を最後に、試合から遠ざかることになる。

 宗教的信念による良心的兵役拒否。まだベトナム戦争に肯定的な風潮の頃。反愛国的との批判は少なくなかった。

1/5ページ

最終更新:6/21(火) 6:15

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。