ここから本文です

「ネコ目線」で街を歩いてみませんか

東京ウォーカー 6/22(水) 7:30配信

世界初、ネコ目線で街を案内するデジタルマップ「広島Cat Street View」をご存じだろうか。

受賞作の出演猫の一匹「小梅ちゃん」は3歳。招き猫美術館の看板ネコ

広島・尾道市を歩くネコの目を通して、市内の有名観光スポットを巡りつつ、路地裏の名店や隠れた絶景などの知られざる魅力を、一見変わった低い目線で見ることができるマップであり動画だ。街をよく知るネコの地上15cm視点が疑似体験できるため、ニンゲンとは違う市内観光を楽しめるとして国内外で人気が集まっている。

このシリーズのひとつ「広島Cat Street View-尾道編-」が、5月末にシンガポールで開催されたAMES広告賞のデジタル戦略部門ライフスタイル領域でブロンズを受賞した。まだ見ていない猫好きはもちろん、すでに見た人も改めて見て受賞の重みを噛みしめてみても。改めてネコの可愛らしさや気ままさを再確認できるだろう。

なおこのシリーズは、平成27年6月から展開している広島県観光プロモーション「カンパイ!広島県 見んさい!食べんさい!飲みんさい!」の一環で実施しているもの。"ネコ次第"のわがまま散歩は「定番のルートにとどまらない、よりツウな旅を楽しめる」と外国のメディアからも注目されているという。尾道をよく知る人も、行ったことがない人もネコ目線の旅を楽しんでみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/22(水) 22:09

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。