ここから本文です

「峠の釜めし」販売55年を記念した夏限定弁当発売!

東京ウォーカー 6/22(水) 12:57配信

人気の駅弁「峠の釜めし」の販売開始から55周年を記念した「峠の釜めし 夏」が、6月4日(土)~8月28日(日)の期間限定で上信越道の横川サービスエリア(上り線)で販売されている。

【写真を見る】「峠の釜めし」を信越本線の車両で食べよう

薄い醤油味の出汁による炊き込みご飯を益子焼の釜に詰め込んだ「峠の釜めし」が信越本線横川駅の駅弁としてスタートしたのは昭和33年。以来、本日まで永く親しまれ続けている。夏バージョンといえる、この限定「峠の釜めし」は、鮎の炊き込みご飯の上に、国産鳥の照り焼き、自家製ドライトマト、茄子の揚げ浸し、夏野菜添え(ズッキーニ・カボチャ・ヤングコーン・散らし枝豆・アスパラガス・紫玉葱)、うずらの卵、刻みしょうが漬けをトッピング。器いっぱいに爽やかさが伝わり、彩り豊かに季節を感じられる逸品に仕上がっている。

発売は、土曜・日曜・祝日の11時過ぎ頃から行われ、価格は1800円。数に限りがあるとのこと。

また、横川SA(上)施設内のメモリアルホールは、実物の車両の一部を設置して信越本線横川駅を再現し、横川ならではの懐かしさや楽しさを演出している。車両は開放しているため、購入した「峠の釜めし」を車内で食べることもできるとのこと。

旅の途中にノスタルジックな雰囲気を、横川SA(上り線)で味わってみてはいかが。【東京ウォーカー】

最終更新:6/22(水) 12:57

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。