ここから本文です

ダイエット中に揚げものが食べたい人におすすめレシピ

東京ウォーカー 6/22(水) 16:00配信

旬のパプリカとかつおを使った低カロリーおかずをご紹介。パプリカは、ピーマンに比べて甘さがあり肉厚で食べ応えがある。かつおは上りがつおと呼ばれ、あっさりした味わいがクセになる。食べ応えのある揚げものながら、カロリー控えめなのも嬉しい。青のりの風味も食欲をそそる一品をどうぞ。

【写真を見る】汁けをしっかり拭くのがポイント

【主菜】かつおの竜田揚げとパプリカ揚げの青のりあえ(1人分190Kcal、塩分1.2g)

<材料・2人分>かつお(刺し身用)150g、下味(しょうが汁小さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、酒小さじ1)、赤パプリカ・黄パプリカ各1/3個、青のり少々、揚げ油、塩、片栗粉

<作り方>(1)パプリカは一口大の乱切りにする。かつおは一口大のそぎ切りにし(約10切れになる)、下味をなじませて約10分おく。(2)揚げ油を低温(約160℃)に熱し、パプリカを1~2分揚げる。取り出して油をきり、塩少々、青のりをふってあえる。(3)(1)のかつおの汁けをペーパータオルでしっかり拭き、片栗粉を薄くまぶす。揚げ油を中温(約170℃)に熱したところに入れ、上下を返しながら約3分カラリと揚げて油をきる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/22(水) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。