ここから本文です

バカリズムのネタ作りをのぞき見!

Smartザテレビジョン 6/22(水) 17:00配信

現在、レギュラー番組を9本も抱え、ピン芸人の中でもトップクラスの活躍を見せるバカリズムが完全プロデュースする、テレ朝動画とauビデオパスにて配信中の動画番組「青春バカリズム」。

【写真を見る】後輩芸人の三四郎・小宮浩信がバカリズムの作業を見守る

5月18日にスタートし、これまでドッキリ記者会見や、番組テーマ曲作り、キャンプの練習…など、タイトルにちなんだ青春にまつわることを自ら企画し実行してきた。

そして6月22日に配信スタートとなった第6話では、6月23日(木)から開催されるバカリズム単独ライブに向けて、ネタ作りに励むバカリズムに密着。彼独特のネタの世界観はどのようにして生まれるのか、さらにバカリズムがネタを作る時にいつも一緒にいる人物とは誰なのか。

バカリズム自身の作業部屋に定点カメラを設置することで、“禁断の世界”が明らかになる。

さらに、バカリズムの後輩芸人である三四郎・小宮浩信が、ネタ作りの模様を観察しながら番組が出題するクイズに挑戦。後輩芸人ならではの勘を生かし、正解を答えられるのか。小宮ならではのバカリズムの解説にも期待したい。

普段は、なかなか見ることができないバカリズムの裏側を見て、彼の才能の一端に触れてみては?

最終更新:6/22(水) 17:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。