ここから本文です

ドイツが3戦無失点でC組首位通過! ポーランドも堅守を武器にEURO初の決勝T進出

Football ZONE web 6/22(水) 5:13配信

ゴメスのゴールを守り、北アイルランドを1-0で下す

 ドイツは現地時間21日に欧州選手権(EURO)のグループステージ第3戦・北アイルランド戦に臨んだ。前半にFWマリオ・ゴメス(ベジクタシュ)が挙げた1点が決勝点となり、1-0で北アイルランドに勝利。ドイツは2勝1分の勝ち点7で、グループC首位通過を確定させた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 これまでの2試合ではMFマリオ・ゲッツェ(バイエルン・ミュンヘン)を最前線に起用する“ゼロトップ・システム”を採用してきたドイツだが、ヨアヒム・レーブ監督はこの試合で長身のゴメスを1トップで先発起用。ゲッツェが左サイドハーフへ回ったほか、右サイドバックには21歳のDFジョシュア・キミッヒ(バイエルン)が初めてスタメンに抜擢された。

 ドイツは司令塔のMFトニ・クロース(ドイツ)やMFメスト・エジル(アーセナル)らを中心としたパスワークで攻撃を組み立て、縦パスが入るとMFトーマス・ミュラー(バイエルン)ら2列目の選手が最前線の選手を追い越していく連動した攻撃が冴え渡った。

 前半から多くのシュートを浴びせると、前半30分に芸術的な連携から均衡を破る。エリア手前でエジルの縦パスを受けたゴメスが、ワンタッチでさらに前を走るミュラーへ。ミュラーはエリア内に侵入し、DFの激しいマークを受けながらボールをキープすると、シュートコースがなくなったところでバックパス。リターンを受けたゴメスが左足で蹴り込み、前半9本目のシュートで待望の先取点を奪った。

 ドイツは他にもミュラーがポストとバー直撃の2本のシュートを放つなど北アイルランドを圧倒した。

B組3位スロバキアの16強進出も確定

 後半に入ると初出場での決勝トーナメント進出を願う北アイルランドサポーターの声援が、よりいっそう大きくなった。しかし、やはり試合のペースはドイツで、前半と変わらぬ猛攻を仕掛けていく。北アイルランドの守護神GKマイケル・マクガバン(ハミルトン)が何度もファインセーブを披露したため追加点こそ奪えなかったが、北アイルランドの反撃も完全にシャットアウトした。

 終盤には守備の要であるDFジェローム・ボアテング(バイエルン)を途中交代させる余裕も見せたドイツが1-0で勝利。グループ首位通過を果たした。3試合で得点が3と攻撃の迫力不足は否めないが、失点は0と鉄壁の守備を築き上げた。

 グループCのもう1試合では、MFヤクブ・ブラスチコフスキの決勝点によりポーランドがウクライナを1-0で撃破。勝ち点7でドイツと並んだが、得失点差で上回ったドイツが1位、ポーランドが2位となった。ポーランドも3試合無失点で、EUROでは初のグループステージ勝ち抜け。ベスト16ではグループA2位のスイスと対戦する。

 北アイルランドは3位(勝ち点3、得失点差±0)となったが、ベスト16進出の行方は他グループの結果に委ねられることになった。グループB3位のスロバキア(勝ち点4、得失点差±0)が現時点で3位チームの最上位となり、16強入りが確定した。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/22(水) 5:13

Football ZONE web