ここから本文です

菅田将暉、真剣佑、水谷果穂……金髪の俳優が増えている背景

リアルサウンド 6/22(水) 6:01配信

 パフォーマンスガールズユニット“9nine”として、これまで清純なイメージを貫いてきた川島海荷(7月に9nine脱退予定)が、ドラマ『朝が来る』(フジテレビ系・東海テレビ)の役作りとして、黒髪から初の金髪にイメージチェンジしたことが話題を集めている。そのほか、現在公開中の映画『オオカミ少女と黒王子』の山崎賢人、2016年秋に公開予定の『溺れるナイフ』の菅田将暉、映画『燐寸少女』の佐藤すみれ(SKE48)など、金髪で役に挑む俳優が目立っている。

 近年、髪色の流行は黒髪が主流で、2013年頃には、佐々木希や木下優樹菜ら人気モデルたちが、トレードマーク化していた茶髪を黒に染めてイメージチェンジを行い話題を集めた。流行の要因には、黒髪モデルを多数起用したヘアケア用品のCMの影響、ヘアケアへの関心の高まりなど諸説あるが、2016年現在ではそうした流れへの反動として、金髪アイドルや金髪俳優が増えているのかもしれない。

 また、漫画原作の映像作品が増加していることも、金髪流行の背景にあるだろう。『オオカミ少女と黒王子』『溺れるナイフ』『燐寸少女』はすべて漫画原作だ。漫画の世界における髪色は、ビジュアルだけでなく、キャラクターの性格を表していたり、主要キャラクターとモブキャラクターを差別化する意味合いが強い。そして、実写化する場合は必然的にキャラクターに寄せた髪色になり、結果として金髪俳優が増えるのだ。

 映画やドラマにおける金髪のイメージも、かつてとは異なっている。これまでの金髪キャラクターは、不良や劣等生といった負のイメージが強かったが、昨今の映像作品に登場する金髪は、学校一のイケメンであったり、間抜けな愛されキャラであったりと、そのイメージはさまざまだ。ときには不良のイメージとは対極にある、“王子様”や“人気者”といったポジティブなイメージとも結びつくようになってきている。

 金髪にすることは、役者にとってもメリットがある。髪色の変更は簡単でありながら話題になりやすく、従来のパブリックイメージを一気に変えるきっかけになる。先に挙げた川島海荷や佐藤すみれをはじめ、今期の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)で茶色ベースの金髪を披露した夏帆、映画『ちはやふる』で純朴な青年を演じていたが、7月から始まるドラマ『仰げば尊し』(TBS系)でヤンキー役を演じる真剣佑など、もともと黒髪のイメージが強い人ほど、そのギャップは大きく鮮烈な印象を与える。今年に入り放送が始まったUHA味覚糖のお菓子“ぷっちょ”のCMでロリータ金髪を披露した橋本環奈や、缶コーヒー“ワンダ 金の微糖”のCMでビートたけしの娘役を演じた水谷果穂も、いい意味で視聴者の予想を裏切ったことで、それまでとは違う一面を開拓することに成功した。役柄の幅を広げるという意味でも、金髪にするのは効果的なのだ。

 一方、金髪にすることで従来のファンが離れたり、反感を買うケースも少なからずある。詳述は避けるが、金髪姿を披露した途端、ネットでネガティブなコメントが殺到した女優もいる。とはいえ、好きな俳優の違った一面を見ることができる金髪は、やはり魅力的である。今後どんな俳優が金髪になり、そのイメージを刷新するのか。そして世間でも再び金髪ブームが訪れるのか。動向を追っていきたい。

泉夏音

最終更新:6/22(水) 6:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。