ここから本文です

参院選公示、約390人が立候補へ―7月10日投開票

政治山 6/22(水) 8:32配信

 第24回参議院議員選挙が6月22日に公示され、18日間の選挙戦がスタートしました。

 与党である自民、公明の両党は経済政策「アベノミクス」の継続を掲げ、目標としている改選の過半数を目指します。一方、民進、共産、社民、生活の野党4党は1人区に統一候補を擁立、全国各地で与野党が真っ向からぶつかる選挙戦が予想されます。

 また、改正公職選挙法が6月19日に施行され、選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられました。いわゆる18歳選挙権の導入後、初の国政選挙です。18歳と19歳の動向も含めて、ここ数回は50%台が続く投票率にも注目です。

 さらに、今回の参院選では「1票の格差」是正のため合区が導入され、選挙区選挙の鳥取と島根、徳島と高知が1つの選挙区(定数は各2人)となります。また北海道、東京、愛知、兵庫、福岡で定数がそれぞれ2人増え、宮城、新潟、長野で定数がいずれも2人減ります(改選数は定数の半数)。

 参院選では選挙区73、比例代表48の計121議席を争うわけですが、立候補を予定している人は選挙区と比例代表を合わせて約390人で、前回(2013年)参院選の433人よりも1割ほど少なくなる見通しです。

 立候補の受け付けは22日午後5時まで。投票日は7月10日(日)で、即日開票されます。

最終更新:6/22(水) 8:32

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。