ここから本文です

スペインEURO3連覇に暗雲… 主力離脱のクロアチアに逆転負け、16強でイタリアとの対戦決定!

Football ZONE web 6/22(水) 6:06配信

モラタ弾で先制もラモスのPK失敗が響き1-2と敗戦

 前人未到の欧州選手権(EURO)3連覇を目指すスペインが決勝トーナメント進出を決めながらもよもやの苦境に陥った。グループステージ第3節クロアチア戦で1-2でよもやの逆転負けを喫し、グループ2位でフィニッシュ。決勝トーナメント1回戦ですでにグループE首位通過が確定している鉄壁の守備を誇るイタリアとの対戦が確定した。

【写真特集】スペイン紙女性記者が厳選! EUROの「セクシーイレブン」

 前回大会でもグループリーグ第3戦で激突した両者は決勝トーナメント進出を決めた状況で試合を迎えた。スペインは第1戦、第2戦と同じスタメンを組んだ。一方のクロアチアは前節チェコ戦で負傷したMFルカ・モドリッチ、FWマリオ・マンジュキッチの主軸をベンチに温存した。

 試合は前半6分、スペインの華麗なパスワークが早くも炸裂する。後方のビルドアップからMFセスク・ファブレガスのスルーパスをFWアルバロ・モラタがMFダビド・シルバに落とし、シルバがタメを作って前方に走り込んだセスクへと再びスルーパス。セスクが相手GKを見極めたキックでゴール前にボールを送ると、モラタが難なくプッシュして1-0と先制点をゲットした。

 クロアチアは同11分にDFセルヒオ・ラモスのビルドアップミスを奪ったFWカリニッチが強烈なミドルを放ったが、スペインGKダビド・デ・ヘアがはじき出した。その2分後にはデ・ヘアにプレッシャーをかけてボールを奪い、MFイバン・ラキティッチがループシュートを放ったがクロスバーとポストに直撃した。

 その後もクロアチアが果敢にセカンドボールを奪いにいってスペインの自由を奪うと、同44分に左サイドのMFペリシッチのクロスに対し、カリニッチがトリッキーなボレーで合わせて同点に追いついて1-1で折り返した。

絶好調のカテナチオ軍団との対戦が実現

 後半に入っても一進一退の攻防が続き、同11分にはクロアチアの波状攻撃から最後はMFマルコ・ピアツァがオーバーヘッドで際どいシュートを放った。活路を見出したいスペインは同21分に左CKからDFセルヒオ・ラモスがヘディングで合わせたがゴールわずか右へと外れた。

 すると同24分にはスペインに大チャンスが訪れる。MFイニエスタの絶妙な浮き球パスに反応したシルバを相手DFスルナがペナルティエリア内で押したとの判定が下り、PKを獲得。だが、キッカーのセルヒオ・ラモスが相手GKスバシッチに止められて勝ち越しに失敗した。

 グループ2位になれば決勝トーナメント1回戦でイタリアと対戦することになるため、お互い緊張感が張り詰め続けた中でプレーを続けた。そして同41分に悪魔の瞬間が訪れる。クロアチアのカウンターが炸裂する。FWアドゥリスのシュートを跳ね返すと、一気にボールを前方に運ぶ。最後はペリシッチがGKデ・ヘアの守るゴールマウスを打ち破り、クロアチアが逆転に成功した。

 噛み合わないままタイムアップの笛を聞いた無敵艦隊は、クロアチアにGS首位の座を奪われて、2位に転落。そして、今大会に入り絶好調の最悪の難敵との対戦が決まってしまった。現地時間27日に行われる決勝トーナメント1回戦は圧倒的なボール保持力と攻撃力を誇るスペインと盤石の守備を誇るイタリアという、前回大会決勝の再現となるビッグマッチがいきなり実現することになった。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/22(水) 8:27

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ