ここから本文です

新書『大塚明夫の声優塾』 業界で生き残る方法を実力派が語る

KAI-YOU.net 6/22(水) 17:20配信

声優/役者として活動する大塚明夫さんによる著書『大塚明夫の声優塾』が、6月23日(土)に星海社より刊行される。

声優志望者のために大塚明夫さんが開講した一夜限りの声優塾で、全国から集まった16人の生徒と対峙した時の記録をまとめた、実践的演技・役者論となっている。

重鎮・大塚明夫が語る声優業界の厳しさ

大塚明夫さんは、ゲーム「メタルギアソリッド」シリーズのソリッド・スネーク役や、アニメ「攻殻機動隊」シリーズに登場するバトー役などで知られる声優。

スティーブン・セガールさんやニコラス・ケイジさんといった洋画俳優の吹き替えもつとめ、その独特な渋い声と強靭な演技力で、声優業界の重鎮として幅広い年齢層から支持されている。

2015年3月には、自身の声優業界での経験をもとに仕事・人生・演技論を綴った『声優魂』を星海社より刊行。声優業界の厳しい一面についても語られ、帯に書かれた「声優だけはやめておけ」というキャッチコピーで波紋を呼んだ。

今回刊行される『大塚明夫の声優塾』の帯にも、「いやぁ、上手だね…。こういう人が深夜のアニメに出て、そしてどんどん消えていくんだ」という衝撃のキャッチコピーが。

声優業界の理不尽さを身をもって知ったがゆえに、声優志望者たちに向けて警鐘を鳴らし続けてきた大塚明夫さんによる2冊目の著書。再び注目を集めそうだ。

かまたあつし

最終更新:6/22(水) 17:20

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。