ここから本文です

童話モチーフのコスメが話題 メイク本もAmazonメイクカテゴリ1位に

KAI-YOU.net 6/22(水) 20:11配信

6月17日に刊行された、女性向けファッション雑誌『LARME』(ラルム)などで活躍するヘアメイクアップアーティスト・双木昭夫さんによるメイク術を紹介した書籍『童話の国のドールメイク』。

人気の童話コチーフコスメ、ドールメイクの関連画像

Amazon.comでも、メイクアップカテゴリーで1位を獲得するなど、にわかに話題に。

本書では、鉄板のベースメイクから、『不思議の国のアリス』、『赤ずきん』、『人魚姫』など、おとぎ話をモチーフとしたファンシーで可憐なメイクを網羅している。

女性の願望をとらえたコスメも人気

双木昭夫さんは原宿系女子をはじめとした若い世代から支持を受けるヘアメイクアップアーティスト。

1995年にヘアメイク事務所・クララシステムを設立。若槻千夏さん、ほしのあきさん、前田敦子さん、菜々緒さん、優木まおみさんなど著名人のヘアメイクを担当。人形のようにかわいいドールメイクを中心に、ビジュアルブック『なまいきリボンわがままレース』を刊行するほか、雑誌・広告などで活躍している。


刊行されたばかりの『童話の国のドールメイク』では、イラストレーター/漫画家のTCBさんが描いた6つの童話の主人公たちに変身できるメイクテクニックを双木さんが伝授。

わかりやすいプロセスと美しいイメージカットを掲載し紹介している。表紙にはモデルの中村里砂さんが起用されている。

TCBさんは、クラウドファンディングプロジェクトで1,000万円以上もの支援金を集め商品化が実現するほどの反響を呼んだ「童話モチーフコスメ」シリーズのイラストも担当している。


童話の中のお姫様のようになりたいという女性の願望をとらえたコスメにメイク本が、にわかに注目を集めている。

最終更新:6/22(水) 20:11

KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。