ここから本文です

古畑星夏、連ドラ『時をかける少女』出演へ 「存在感を残せるように頑張りたいです!」

リアルサウンド 6/22(水) 11:10配信

 7月9日より日本テレビ系にて放送される連続ドラマ『時をかける少女』に、古畑星夏が出演することが発表された。

 『時をかける少女』は、筒井康隆の同名小説を原作にした青春ドラマ。ある日の放課後、理科実験室でラベンダーの香りを嗅いでから“時を自在に超える能力”を身につけた少女・芳山未羽と、未来からやってきた少年ケン・ソゴルの“淡い恋”を描く。主人公・芳山未羽役の黒島結菜をはじめ、Sexy Zoneの菊池風磨、竹内涼真、吉本実憂、NEWSの加藤シゲアキらが出演する。

 Seventeenの専属モデルで、映画『近キョリ恋愛』、ドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などで知られる古畑が演じるのは、黒島演じる主人公・芳山未羽の同級生・おじょう役。恋愛に憧れるお嬢様のおじょうは、竹内演じる浅倉吾朗に片思いをしていて、彼のことになると周りが見えなくなり、少々行き過ぎた恋愛妄想をしてしまうコミカルな役どころだ。

 古畑は今回の出演について、「同世代の方々と学校の教室のシーンなどが、すごく楽しみ。土曜日の夜放送ということで、みなさんお家にいて、見てくれる方も多いと思うので、存在感を残せるように頑張りたいです!」と意気込みを語りつつ、「(もし未来に行くことができるなら、)宝くじの当選番号を見て、現代に戻ってきて買います!」とコメントを寄せた。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/22(水) 14:07

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。