ここから本文です

スペイン代表ペドロ、自身の発言の波紋に火消し「監督批判じゃない」

フットボールチャンネル 6/22(水) 7:40配信

 出場機会に恵まれない現状に不満をもらしたことが波紋を呼んだ、スペイン代表のFWペドロ・ロドリゲスは、自らの発言に対してチーム批判でないことを強調している。20日、スペイン紙『アス』が報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 先日の会見で、自身の出場機会が少ないことに不満を漏らしたペドロ。多くのメディアが監督、チーム批判と受け止め波紋を呼んだ。ビセンテ・デル・ボスケ監督は会見を開き、ペドロの発言に理解を示しつつ、チームの結束に揺らぎがないことを強調した。

 これを受け、ペドロ自身も「監督と話し合った。あの発言は監督批判ではない」と再度口を開き、「代表チームにいることに感謝をしている。彼抜きではW杯もEUROも獲得できなかった。もし自分の発言に不快な思いをしている人がいるなら謝罪したい」とコメントしている。

 また、チームメイトとも会話をしたようで「率直に自分の置かれている状況を話した。誰しもこういう経験をしているから、みんな理解してくれた」と述べ、「それでももし、必要ならキャプテンや中心選手たちとも再度話し合う」とチーム内ではこのテーマが解決していることを述べている。

 「これからもチャンスを探り続ける」と述べたペドロ。好調スペイン代表に思わず訪れたアクシデントだったが、チーム内のコミュニケーションも円滑なようで、大事に至らずに済みそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 7:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。