ここから本文です

デ・ロッシ、イタリア守備陣を自賛「世界一のDF陣だ」

フットボールチャンネル 6/22(水) 7:50配信

 イタリア代表のMFダニエレ・デ・ロッシは今EUROでいまだ無失点のディフェンス陣を称賛している。20日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 死のグループと言われたグループEを、連勝であっさりと突破したイタリア。その原動力は何といっても鉄壁のDF陣だ。MFデ・ロッシは「我々には世界一のディフェンス陣がいる。GKジャンルイジ・ブッフォン、DFアンドレア・バルザリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニだ。ユベントス時代のアントニオ・コンテ監督の薫陶を受けた彼らは桁外れだ」とセリエA絶対王者のDFユニットを絶賛する。

 そして、「我々には、エデン・アザールやズラタン・イブラヒモビッチといったスターはいない」としつつ、「それでも、他のチームにはないバランスや、コンパクトさ、個性がある」と小粒と言われたアズーリをそう表現している。

 1位通過が確定しているが、あくまでもグループリーグ3連勝を狙うデ・ロッシは「アイルランド戦は消化試合ではない」とコメントし、「どのチームと16強で当たるかは気にしていない。勝ち点9で終えるのが重要だ」と続けている。

 前評判が低い中で乗り込んできた今回のEUROだが、蓋を開けてみれば世界を驚かす戦いを披露しているイタリア。最強の守備陣とともにどこまで進撃を続けていけるのか必見だ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 7:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。