ここから本文です

ユーベ、マスチェラーノ獲得を断念へ。マロッタSDが白旗宣言

フットボールチャンネル 6/22(水) 8:10配信

 ユベントス移籍が噂されていたバルセロナのDFハビエル・マスチェラーノの移籍問題は、残留という結果で終わりそうだ。21日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 今オフ、再三にわたり噂されていたマスチェラーノのユベントス移籍であったが、同チームのジュゼッペ・マロッタSDがこの日、「バルセロナは彼を売りたくないようだ。この話は終わりだ。今日をもって夢物語となった」とコメントし、アルゼンチン人DFの獲得断念を公言した。

 その一方で、同じバルセロナからの移籍が確定しているDFダニエウ・アウベスと来週には正式サインを行うことも述べている。

 現在、アルゼンチン代表として、アメリカで開催中のコパ・アメリカに参戦中のマスチェラーノは、同地でバルセロナと契約交渉の場を持っていた。アウベスに続く、DFラインの主力の流出を阻止する結果となり、バルセロナサイドにとっては一安心といったところだろう。片やユベントスにとっては貴重な守備のマルチプレーヤーの獲得を逃す痛い結果となってしまった。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 8:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。