ここから本文です

レアルがモラタの復帰発表! 37億円でユーベから買い戻しも倍額でプレミア強豪に転売浮上

Football ZONE web 6/22(水) 15:07配信

放出時の買い戻しオプション行使も、77億円でチェルシーかアーセナルに売却か

 レアル・マドリードが2014年にユベントスへ放出していたスペイン代表FWアルバロ・モラタの買い戻しオプションを行使し、獲得したことを正式発表した。スペイン紙「マルカ」によれば、買い戻し金額は3200万ユーロ(約37億円)と伝えられている。

伊紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

 モラタ復帰はクラブの公式サイトで正式に発表された。モラタはレアルに再加入の形となり、公式サイトでは「ジネディーヌ・ジダン監督率いるファーストチームのプレシーズントレーニングに加わる」とされている。

 ただし、モラタに関してはその去就が不透明な状況となっている。プレミアリーグのチェルシー、アーセナルが興味を示しており、レアルは買い戻した金額3200万ユーロよりも高値で転売するために買い戻したともレポートされている。英メディアでは、モラタの移籍金は5000万ポンド(約77億円)に上ると予測されているため、レアルはモラタの売却で大きな利益を手にすることになりそうだ。

 レアルではなかなか出番を得られなかったモラタだが、ユベントスでの活躍で株を上げ、スペイン代表にも定着。現在開催中の欧州選手権でも、グループステージ第2戦のトルコ戦で2得点を挙げ、第3戦のクロアチア戦でも先制点を決めるなど躍動している。

 古巣復帰を果たしたスペイン代表の新エースだが、レアルにはギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドという「BBC」と呼ばれる看板3トップが君臨し、ベンゼマが移籍しない限り、モラタは先発での出場が困難とされている。“白い巨人”に残るのか、それともプレミア移籍か。今後もモラタの動向に注目が集まりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/22(水) 15:07

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。