ここから本文です

ポーランドファン、街中で”ヨーロッパ文化の擁護者”バナーを掲げて行進

フットボールチャンネル 6/22(水) 8:10配信

 過激なサポーターによる問題行動が続くEURO2016だが、今度はポーランド代表のファンが事件を起こしていたようだ。21日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 同紙によると、ウクライナ戦が行われる前にフランス・マルセイユでポーランドのファンが「ヨーロッパ文化の擁護者」と書かれたバナーを掲げて行進したとのこと。母国の政治に対する抗議の意味を込めて行った行動なのかもしれない。

 警察はすぐに催眠ガスなどで対応し、暴動は起きなかったようだが、少なくとも2人が拘束された。ただ、その後行われたウクライナ戦で発煙筒を使用している。

 マルセイユは数日前にイングランド代表とロシア代表のファンが衝突し暴動を起こした場所で、今大会のうちに何度も被害を受けている場所だ。そのため、警察の数を増やして警戒に当たっていたこともあり、大きな問題に発展しなかったのだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 8:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。