ここから本文です

EURO敗退のロシア、次期監督は前マンC指揮官? スルツキ監督の辞任申し出で

フットボールチャンネル 6/22(水) 8:30配信

 ロシア代表を率いるレオニド・スルツキ監督がウェールズ戦後に辞任を申し出たことにより、後任探しに動き出したようだ。21日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 同メディアによると、後任候補として今季までマンチェスター・シティを率いていたマヌエル・ペジェグリーニ氏の名前が挙がったとのこと。すでに、2年契約を打診しており、交渉が成立すれば2018年W杯までチームを率いることになりそうだ。

 ペジェグリーニ氏はこれまでにビジェレアルやレアル・マドリーなどを率いた経験があり、2013年からはシティの指揮官を務めていた。今季はリーグ4位で終わり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。

 ただ、バイエルン・ミュンヘンを率いていたジョゼップ・グアルディオラ監督が来季就任することが決まったため、ペジェグリーニ氏は今季限りでチームを退任していた。ロシアにとって、ビッグクラブを率いた経験のあるペジェグリーニ氏は適任と言えそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 8:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。