ここから本文です

ネイマール、バルサ契約延長“難航”の理由は父親? レアル、マンU、PSGに売り込み

フットボールチャンネル 6/22(水) 10:20配信

 ネイマールとバルセロナの契約延長の雲行きが怪しくなってきている。21日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。

 バルセロナはネイマールと契約延長を望み、今年に入ってから交渉を行なっていることを認めている。両者はすでに契約延長にほぼ合意しているとされるが、クラブの財政上の問題で契約書へのサインは現地時間7月以降となっているとみられていた。

 しかし、ここにきてネイマールの代理人である父ネイマール氏が数ヶ月前よりレアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドとの接触を続けていることをもう一人の代理人であるヴァグネル・リベイロ氏が認め、話がこじれ始めている。

 父ネイマール氏はヨーロッパ各国ではネイマールはよいオファーが届けばバルセロナからの移籍はありうると発言。一方でバルセロナではネイマールはバルセロナから移籍はせず“しかるべき瞬間”に契約延長をすると発言し”ふたつの顔”をうまく使い分けている。

 バルセロナはサッカー部門責任者であるラウル・サンジェイ氏が現在リオ五輪にむけブラジルに滞在しているネイマールとの契約延長の最終の詰めを行っているというが、果たして無事に契約延長となるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 10:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。