ここから本文です

渋川清彦も登場する『オールディックフォギー』予告映像公開 ライブや打ち上げ風景も明らかに

リアルサウンド 6/22(水) 18:38配信

 映画『オールディックフォギー / 歯車にまどわされて』より、予告映像とメインビジュアルが公開された。

 本作は、ロックバンド“OLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)”の素顔に迫るドキュメンタリー。映像作家・川口潤が監督を務め、ライブパフォーマンスや彼らの知られざる一面を映し出していく。

 公開されたビジュアルには、タクシードライバー姿の伊藤雄和(ボーカル)が夜の公園でスケートボードを行う姿が収められている。このタクシードライバー姿は川口潤監督が手掛けた OLEDICKFOGGYのミュージックビデオ“シラフノうちに”でも披露されており、一部出演者が重なることからも、本作とミュージックビデオは何らかの関連を持っていることがわかる。

メインビジュアルのデザインは、OLEDICKFOGGYのアートワークを一手に引き受けるNAOTORADAMSが手がけ、撮影はフォトグラファーのChaboが担当している。このデザインが施されたB5チラシは今週から劇場での設置が開始され、あわせてB1サイズのポスターの掲出も行われる。また、同デザインの特別鑑賞券(1,300円)の発売も開始されており、劇場窓口で購入すると特典として非売品の缶バッヂがもれなく付いてくる。

 さらに、彼らの素顔が垣間見える予告映像も公開された。予告では、OLEDICKFOGGYの楽曲“ゴシップオブフォレスト”とともに、彼らのライブシーンや打ち上げの模様、レコーディング風景などが次々に映し出されていく。さらに映像の終盤では、俳優・渋川清彦がタクシードライバーに扮する伊藤雄和の車に乗り込み、意味深な台詞を言っている場面も確認できる。

※特典の缶バッヂは全3色で、劇場窓口は黄色、ディスクユニオン店頭は赤色、それ以外の販売店は青色の配布が予定されている。劇場窓口での販売は6月21日(火)から開始。その他の店舗での販売は今週より順次開始される。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/22(水) 18:38

リアルサウンド