ここから本文です

ミラン、今夏は大量放出? 元エース代理人も別れ告げる「この夏に出て行く」

フットボールチャンネル 6/22(水) 10:40配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは今夏“大量放出”を強いられるかもしれない。21日、フランスのラジオ『ウロップアン』が報じている。

【低迷するミラン セリエA2015-2016の順位表】

 同日にイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィがローマへ完全移籍することが発表されたミラン。その他にもFWマリオ・バロテッリは古巣リバプールへと戻り、そしてMFケヴィン=プリンス・ボアテング、DFアレックス、DFフィリップ・メクセスも今月で契約が切れる。

 そのような中で、元エースのジェレミー・メネズの兄でもあり代理人でもあるケヴィン・メネズ氏は「彼はこの夏にミランから去ることになる」ともう1年間クラブと契約が残っているにもかかわらず、同選手の移籍を認めている。そして、新天地は母国のフランスかどうかを尋ねられると、「勿論だよ。その可能性もあり得るね」と答えた。

 メネズは2014年にミランへフリーで移籍。1年目には16ゴールを決めたが、今季は怪我の影響で1シーズンの半分以上を棒に振り、結局12試合に出場し4得点しか決められなかった。

 クラブが売却されなければ、今夏の移籍市場で自給自足を強いられるミラン。売却交渉が成立しなければ、これからも多くの主力級の選手たちが放出されることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 12:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。