ここから本文です

今年のEUROはゴールが少ない? 近年の国際大会で総得点数が最低に

フットボールチャンネル 6/22(水) 16:28配信

 フランスで開催されている今年のEUROは、例年の国際大会に比べてゴールが少ないようだ。英紙『デイリー・テレグラフ』が報じている。

【16強が続々決定 EURO2016 最新順位表】

 1996年にイングランドで開催されたEURO以降、ワールドカップおよびEUROの10大会では1試合平均得点数が全て「2」を上回っていたが、今大会のEUROは平均で1.78得点となっており、近年の国際大会で最低となっている。

 今大会で両チームあわせて4得点以上決まったのは現時点でクロアチア対チェコ(2-2)しかない。スコアレスドローは3試合のみだが、1-0の試合が全32試合のうち8試合ある。

 また、現時点では大会全体で58得点が生まれているが、うち16得点は80分以降に生まれている。

 ゴール数は少なくなかったが、その分大差での試合は減って接戦の多い大会となっているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/22(水) 16:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。