ここから本文です

米国男性の3分の1以上が「育休はキャリアに悪影響」と回答

Forbes JAPAN 6/22(水) 7:00配信

育児休暇の先進国と言えば北欧の国々だが、米国のシリコンバレーでも育児休暇の取得を推奨する企業が増えている。今年3月、ハンドメイドグッズのマーケットプレイスEtsyは、男女関係なくすべての従業員に対し、6ヵ月間の有給育児休暇制度を導入すると発表した。動画配信サービス大手のネットフリックスも、全従業員に1年間の有給育児休暇を認めている。



しかし、こうした制度の導入が進んでいるにも関わらず、米国の男性たちは育休の取得がキャリアに悪影響を及ぼすことを懸念している。コンサルティング会社デロイト(Deloitte)が行ったアンケート調査では、36%の男性が「現在のポジションを失うことを恐れて育休を取得しない」と答えた。また、57%の男性が「育休の取得は仕事に対する無責任さの現れだ」と回答した。

アンケートに回答した男女の64%が「企業は性別を問わず平等に育休を認めるべきだ」と答えたが、それでも半数以上の54%が「女性と男性が同等の育休を取得した場合、男性社員の方が批判を浴びやすい」と答えた。

デロイトはこの調査結果について「ステレオタイプ化された『男性像』と『女性像』が職場に存在することを、改めて示すものだ」と述べている。しかし、これは驚くべきことではない。先進的だと自負するシリコンバレーにおいてさえ、職場の地位、給与、セクハラのどれをとっても女性の方が不利な立場にある。

子育てのためにキャリアを犠牲にするのは今でも女性なのだ。そして、女性たちが母となり職場復帰を果たした際、男性より少ない給与に甘んずることになっているのがアメリカ社会の現実だと言える。

Clare O'Connor

最終更新:6/22(水) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。