ここから本文です

サムスン、1300億円を米IoT部門に投資 半導体事業を強化

Forbes JAPAN 6/22(水) 11:01配信

サムスンがIoT部門への注力を鮮明にしている。6月21日、サムスンは米国のIoT市場に12億ドル(約1257億円)の投資を行なうとアナウンスした。



Samsung Electronics社長で戦略主任を務めるYoung Sohnは「この分野で我々がやるべきことは山ほどある」と述べた。モノのインターネットと呼ばれるIoTの対象分野は多岐に渡り、近年登場するあらゆる技術がIoTに絡むものとも言える。その中でサムスンは農業や製造業、ヘルスケア、家庭でのコネクティッドデバイス等を対象範囲とするという。

今回の12億ドルの資金の半分は米国のIoT関連スタートアップ企業に注がれ、残りは同社のテキサスのチップ製造工場やカリフォルニアのパロアルトにあるイノベーションセンターへの投資となる。

この分野ではインテルやクアルコムがIoT向け半導体製品の提供を開始しておりサムスンも昨年、半導体モジュール「Artik」発表。垂直統合型でシステムを提供しようとしている。ここ数年、サムスンは半導体分野で売上を伸ばし、インテルに次いで世界2位に急浮上した。IoTは同社の未来の成長に欠かせないエリアだ。

2020年までに全製品をIoT対応に

サムスンはIoTに特化したコンポーネント型チップの開発を強化しており、自動運転車やドローン等の自動制御の分野での活用を視野に入れている。米国で1月に開催されるCESで、サムスンは2年連続でIoTをキーノートのテーマとした。2015年にサムスンは同社が販売する全ての製品が「2020年までにIoT対応となる」と宣言していた。

サムスンは6月21日、ワシントンDCに業界関係者300名を集め、同社が主催するIoT政策フォーラムを開催。研究者や政治家らがつめかけた会場で、IoT技術の有用性をアピールした。

サムスンは米国の政府機関にも同社のIoT技術を活用してもらいたいと述べた。「米国政府はこの流れに乗り遅れるべきではありません」とSohnはスピーチで語った。

Aaron Tilley

最終更新:6/22(水) 11:01

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。