ここから本文です

英キャサリン妃の「経済効果」は絶大、親子で1兆円規模

Forbes JAPAN 6/22(水) 19:00配信

英王室の中でも特に人気の高いケンブリッジ公爵と夫人、そして幼い王子と王女が公式行事に出席する機会が多かった6月、一家(ただし、主にウィリアム王子を除く)のファッションに再び大きな注目が集まっている。公の場に姿を現すたびに、同国のファッション業界に数十億ドル規模に達する多大な経済効果をもたらしているのだ。

【写真】インドでクリケットをするキャサリン妃。着用ドレスの需要は急増。

「ケンブリッジ公爵夫人効果」(ケイト効果、とも)呼ばれるキャサリン妃の影響は、同妃やジョージ王子、シャーロット王女が身に付けたすべてのアイテムが、写真が公開されると同時に飛ぶように売れることを意味する。それぞれの価格やどこで販売されているかなどの情報も、瞬時に明らかになる。

この現象は世界的に広く行きわたっており、ファッション業界に与える影響は相当に大きい。ニューズウィーク誌が伝えたところによれば、「ケイト効果」は英国のファッション業界に10億ポンド(約1,538億円)以上をもたらしている。それを示す良い例が、今年4月のインド・ブータン訪問した際に同妃が着用したドレスの驚くほどの需要の急増だ。

クリケットに挑戦したときに着ていたインドのデザイナー、アニータ・ドングルのドレスは注文が殺到したため、製造を手掛ける工場は一時、その他の製品の生産をすべて停止。このドレスだけをつくったという。

小さな「ファッション・アイコン」が生むビッグ・ビジネス

ジョージ王子とシャーロット王女もすでに、マーケティングに及ぼすその影響力から「ファッション・アイコン」と呼ばれている。まさに文字通り、公の場で身に付けた衣類や小物は数百万人の消費者を魅了。子どもを持つ世界中の人たちが同じ靴やドレス、ヘアピン、タイツなどを購入することから、これらを手掛けるブランドや販売する店舗は、インターネットでの注文が飛躍的に増加する。

ファッション関連のニュースサイト「ファッショニスタ」に掲載されたブランド評価を専門とするコンサルタント会社、ブランド・ファイナンスの報告書によれば、英国のファッション業界に対する「シャーロット王女効果」と「ジョージ王子効果」はそれぞれ、は32億ポンド、24億ポンドの規模になるという。

1/2ページ

最終更新:6/22(水) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント