ここから本文です

“ミラクル・ターキー”の再現へ!! トルコがロシツキ不在のチェコ撃破で、16強へ望みをつなぐ

SOCCER DIGEST Web 6/22(水) 6:21配信

18歳の“トルコ版メッシ”が先制点を演出

 6月21日に行なわれたグループDの第3節、チェコ対トルコの一戦は、トルコが2-0で勝利を収め、決勝トーナメント進出に可能性を残した。
 
 グループステージ突破のためには、互いになんとしても勝点3が欲しい両チーム。
 
 前節のクロアチア戦、終了間際の同点弾で勝点1を奪った代償に、エースのロシツキを怪我で失ったチェコはスタメンを4人、一方、ここまでひとつの勝点どころか1ゴールも奪えず苦しみ続けるトルコは同じく3人を変更し、この試合に臨んだ。
 
 立ち上がりから、ともに勝利への執念を前面に押し出し、局面、局面で激しい身体のぶつかり合いが繰り広げられる。
 
 そんななか先制したのは、“3位での決勝トーナメント進出”に一縷の望みを託すトルコだった。
 
 10分、“トルコ版メッシ”こと18歳のエムレ・モルが右サイドを抜け出し、中央へ折り返す。このボールをブラクが右足で合わせ、ネットを揺らしたのだ。
 
 とにかく勝てば次ラウンド進出が決まるチェコも、ここから反撃に出る。
 だが、17分にCKからシボクが放ったヘディングシュートは左ポストに嫌われ、23分、プラシルのスルーパスに右SBのカデジャーベクが反応して放ったシュートは、トルコGKヴォルカン・ババジャンに弾き出される。
 
 両SBが高い位置に張り出し、前線を分厚くして攻め続けるチェコだが、トルコの身体を張ったディフェンスにゴールを割れない。
 38分にプラシルが放った左足の強烈なミドルも、再びヴォルカン・ババジャンの好セーブに防がれた。
 
 後半に入ると、どうしてもゴールが必要なチェコは、57分に190㌢の長身FWショコダを投入し、早くもネチド(191㌢)とのツインタワーで勝負に出る。
 
 しかし、この策がチェコのサッカーを単調にした印象は否めない。サイドを上手く封じられると、ダリダを起点に中央をこじ開けようとするも、ロシツキという創造性を欠いたこともあり、崩し切れない。可能性の低い遠目からのシュートが目に付くようになる。
 
 逆にトルコは、過去2戦とは打って変わって身体のキレを感じさせたアルダのキープ力を活かしながら、再三カウンターを繰り出して、チェコの出足を鈍らせていく。
 
 そして――。勝負を分ける次のゴールは、トルコに生まれた。
 
 65分、セルチュクのFKのこぼれ球をメフメト・トパルが落とし、そこにオザン‼
振り抜いた右足から放たれた強烈なシュートが、名手チェフの牙城を破り、ゴール右上隅に突き刺さったのだ。
 
 これで意気消沈したチェコは、反撃の糸口を掴めないまま、まさかの完封負け。勝点1でグループ最下位が決定した。
 
 8年前のEURO2008でも同組となり、同じく最終戦で激突した両国。この時もトルコは0-2の劣勢から劇的な逆転勝利を収め、その勢いを駆ってベスト4まで勝ち上がった。
 
 今回もチェコを最終戦で下し、勝点を3としたトルコは、他グループの結果待ちとはいえ、次ラウンド進出に可能性を残している。
 
 2連敗からの16強入りとなれば――。あの“ミラクル・ターキー”の再現も、あり得るかもしれない。
 

最終更新:6/22(水) 6:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。