ここから本文です

【浦和】2点差からの大逆転で、ついに連敗を止める。古巣から決勝点の李忠成が「奇跡の時間を共有できて嬉しい」

SOCCER DIGEST Web 6/22(水) 21:52配信

78分、阿部のバーに弾かれたミドルを身体で押し込む。

[J1・1stステージ13節]浦和レッズ3-2FC東京
6月22日/埼玉スタジアム2002

【浦和 3-2 FC東京 PHOTO】まさにコントラスト!! カメラがとらえた明暗――。

 浦和が大逆転勝利で、リーグ戦の連敗を3で止めた。勝利は実に5月8日の11節・大宮戦(1-0)以来。

 中2日、3日で続く5連戦の4戦目。ホームチームはこの日もミスから2失点する嫌な流れで、後半に突入する。しかし、前半からチャンスを作れていた浦和はさらにボールポゼッション率を一段と高めて、守勢に回るFC東京を押し込む。



 すると66分、72分と槙野のゴールで同点に追い付く。勢いは止まらず、78分、阿部の強烈なミドルシュートがクロスバーを叩くと、そのこぼれ球に李が身体で押し込み逆転に成功した。

 その後は浦和が試合をコントロールし、FC東京の反撃を食い止めた。
 
 古巣から決勝ゴールを決めた李はヒーローインタビューで「2失点したあと、僕らは誰も諦めていなかった。絶対にひっくり返してやろうと思っていた」と歓喜。

 続けてスタジアムに詰めかけた観客に向けて、「奇跡の瞬間をみなさんと共有できて嬉しく思う。辛い時でも支えてくれたサポーターやファンに感謝しています。有難うございます!」と熱く呼びかけた。

 浦和は6月25日の第1ステージ最終節、埼玉スタジアムで神戸と対戦する。19時キックオフ。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

 

最終更新:6/23(木) 12:31

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。