ここから本文です

浦和が0-2から逆転勝利!槙野2発で追いつき、李の決勝点でFC東京を撃破

SOCCER DIGEST Web 6/22(水) 21:28配信

浦和がリーグ戦の連敗を3でストップ。

[J1第1ステージ13節]浦和3-2FC東京 6月22日/埼玉スタジアム2002
 
 J1第1ステージ13節の浦和対FC東京が6月22日、埼玉スタジアムで行なわれ、浦和が3-2でFC東京を下した。
 
 先制したのはFC東京だった。立ち上がりの13分、米本が中盤で引っ掛けたボールを、N・バーンズが拾って中央へパス。これを受けたムリキが右足を振り抜き、エリア外からミドルを叩き込んだ。ムリキはこれがJ初ゴールだった。
 
 さらにFC東京は31分、バイタルエリアでN・バーンズが強引に突破を狙うと、そのこぼれ球がゴール前の橋本の元へ。GKと1対1になった橋本が、フリーでチームの2点目を決めた。
 
 しかし、後半は浦和が反撃に出る。まずは66分、興梠のクロスを槙野がヘッドで叩き込み、1点差に詰め寄る。
 
 このゴールで勢いを増した浦和は、さらに72分。再び槙野が決めて同点とし、78分には阿部のシュートがポストに弾かれたこぼれ球に李が反応し、胸で沈めて逆転に成功した。
 
 試合はそのまま3-2で終了。0-2から試合をひっくり返した浦和が、リーグ戦での連敗を3で止める勝点3を得た。

最終更新:6/23(木) 13:56

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。