ここから本文です

マーキー・ラモーンが語る、ラモーンズ最後のライヴ

ローリングストーン日本版 6/22(水) 17:00配信

マーキー・ラモーンが語る、ラモーンズの最後の日々。「ラモーンズとして活動できたことをとても誇りに思っている」

マーキー・ラモーンが選ぶ、最高のパンク・トラック5選

今から約20年前の1996年8月6日、世界中を巡ったラモーンズ解散ツアーの最終公演が、カリフォルニア州ハリウッドのザ・パレスにて行われた。当日はバンド結成時のベーシスト、ディー・ディー・ラモーンが1986年の自作曲『ラヴ・キルズ』を演奏した他、モーターヘッドのレミー・キルミスターを招いた『ラモーンズ』、ランシドのラーズ・フレデリクセンとティム・アームストロングと共演した『53rd and 3rd』、そしてサウンドガーデンのクリス・コーネルとベン・シェパードが参加した『チャイニーズ・ロックス』など、バンドの代表曲の数々がラモーンズを愛するゲストたちと共に披露された。今や伝説となったその夜は、デイヴ・クラーク・ファイヴ、そしてリードヴォーカルを務めたエディー・ヴェダーと共演した『エニウェイ・ユー・ウォント・イット』で幕を閉じた。

20年に及ぶキャリアにもかかわらず、ラモーンズは最後まで小さなライブハウスで演奏し続け、移動手段はいつも小さなバンだったという。フロントマンのジョーイ・ラモーンは解散ツアーの終盤に体調を崩し、その4年後にリンパ腺癌でこの世を去った。その翌年にはベーシストのディー・ディー・ラモーンがヘロインのオーバードーズで逝去し、その2年後にはジョニー・ラモーンが前立腺癌により命を落としている。また結成時のドラマー、トミー・ラモーンは2014年に胆管癌で亡くなった。

バンドの結成メンバー全員がこの世を去ってしまった後も、彼らと15年間活動を共にしたドラマーのマーキー・ラモーンは、現在も世界中でラモーンズの曲を演奏し続けている。ローリングストーン誌の新アニメーション企画『ハッド・トゥー・ビー・ゼア』の公開に際し、彼が電話インタビューでラモーンズ最後のライブの思い出について語ってくれた。

1/2ページ

最終更新:6/22(水) 17:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。