ここから本文です

認証率99%「アルクダケ」でここまで分かる!

JBpress 6/22(水) 6:00配信

 人は一生のうちに、どれほど歩くのだろうか?  1日 7000歩×365日×80年として、おおざっぱに計算しても約2億歩。その一歩一歩を、つぶさに意識しながら踏み出している人はほとんどいないだろう・・・。しかし、この何気ない「歩く」という日常動作には、想像以上に輪郭のはっきりした「個性」が表れている。

犯罪捜査で活躍する「歩容鑑定」の画像ほか、記事中の写真はこちら

 「歩き方」はその人を物語る。例えば、顔がよく見えない距離からでも、歩くシルエットで知人だと分かる、そんな経験はないだろうか。見知らぬ人でも、歩く様子から大まかな年齢や、性別を推測することができる。

 これを感覚や経験に基づく推測の域に留めず、解析して役立てようとしているのが、大阪大学 理事・副学長の八木康史教授らの研究グループだ。八木氏らはこれまでに約4000人の歩く姿、すなわち「歩容」のデータを解析し、個人を認証するシステムを構築した。

 その認証率は、94~95%。つまり4000人分の歩行を撮影した動画から、該当者を一番に引き当てる確率が95%ということになる。さらに身長や頭部や肌のテクスチャー情報を合わせると認証率は99%に達するという。

■ 犯人を見逃さない「歩容鑑定」

 歩き方から個人を特定することは、「歩容鑑定」として犯罪捜査に応用されている。防犯カメラの映像と比較し、現場付近にいた人物と同一とみられる人物をピックアップする。これは、遠隔から個人識別ができる唯一の生態認証だと八木氏は話す。

 「防犯カメラに残された映像を手がかりにする場合、顔の認証は10メートル以内でないとなかなか難しい。しかし、歩容であれば40~50メートル離れていても判別可能です。高い解像度も必要とせず、30画素以上あれば十分です」

 犯行現場によっては、DNAや指紋の採取が困難なことがある。また、犯人の顔は覆面やヘルメットなどで隠すことができる。しかし、歩き方にどうしても出てしまう癖、「歩きの個性」を隠すことは難しい。最も無意識な個人の特徴を見事に突いている。

 すでに八木氏らの歩容鑑定システムは平成25年から科警研で運用を開始し、これまで事件解決につながったケースもある。

1/3ページ

最終更新:6/22(水) 15:05

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。