ここから本文です

ベランダ菜園でエダマメ栽培

NHKテキストビュー 6/22(水) 8:00配信

とれたてのエダマメは格別だからぜひ味わってみて! 今回はプランターでもたっぷり収穫できる目からウロコのエダマメ栽培法を、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんが紹介します。

* * *

■ベランダ菜園でも、家族みんなが満足できる量のエダマメを収穫!

通常、エダマメをベランダなどで栽培すると、屋根などに遮られて日照が足りないため、光を求めて高く茎を伸ばし、茎が細く間のびして、葉も大きくなります。こうなると場所をとり、風などで倒れてしまうことも。

そこで、省スペースで、たっぷりの収穫をのぞめる、ちょっと驚きの栽培法をご紹介します。

1.主枝(しゅし)を摘心(てきしん/茎の先端を切る)し、わき芽(め)を伸ばして側枝(そくし/茎)2本にする

茎が2本になるので、1株につき実つきは2倍。さらに、2本の茎で支え合うので倒伏が防げます。

マメ科では、双葉(ふたば)の次に初生葉(しょせいよう)が出て、その次に本葉(ほんば)が出ます。この初生葉を摘心します。初生葉を切ることで、草丈(くさたけ)がまだ低いうちに本葉が出て、花芽(はなめ)がつくのも早まるので、草丈もコンパクトになります。

2.摘心と同時に断根(だんこん/根を切る)する

勢いのある強い根を出させて、水分や養分を吸収する力もアップします。

いつもと違うやり方に不安を感じる人も、普通の栽培と並行して、挑戦してみてください。

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年6月号より

NHK出版

最終更新:6/22(水) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。