ここから本文です

「彼女とフェス」トラブル1位は「準備」! 対策は?

R25 6/23(木) 7:01配信

梅雨が明ければ、野外フェスシーズン本番。彼女がいれば、2人が好きなアーティストを見たり、キャンプを楽しんだり…と、夏の思い出を作りたいもの。しかし、フェスという非日常空間だからこそ、ちょっとしたことでトラブルになってしまうことも多い。原因がわかれば対処できるはず! ということで、カップルでの野外フェス参戦経験がある女子60人に、彼氏とケンカしてしまった原因をアンケート調査した。
(R25調べ/協力:ファストアスク)

●野外フェスでの彼氏とのケンカの原因TOP10
(全14項目から当てはまるものをすべて選択)

1位 チケットやキャンプ道具など準備をめぐるトラブル(25.0%)
2位 テント設営、火おこしなど、キャンプにまつわるトラブル(20.0%)
2位 長時間並ぶなど、トイレをめぐるトラブル(20.0%)
4位 入れない、長時間並ぶなど、お風呂をめぐるトラブル(18.3%)
4位 歩くペースが合わないなど、体力をめぐるトラブル(18.3%)
6位 はぐれてしまってなかなか会えないなどの、迷子トラブル(15.0%)
6位 虫に刺されたなど、害虫をめぐりケンカになったトラブル(15.0%)
8位 思うようにできなかったなど、化粧をめぐるトラブル(11.7%)
8位 財布を落とした! など、忘れ物や落とし物のトラブル(11.7%)
10位 飲みすぎてつぶれたなど、お酒をめぐるトラブル(10.0%)
10位 お金の貸し借り、足りないなど、お金にまつわるトラブル(10.0%)

※番外
13位 ナンパされた、したなど男女関係をめぐるトラブル(8.3%)

1位になったのは「チケットやキャンプ道具など準備をめぐるトラブル」。フェス会場に着く前に起こるトラブルだった。また、意外にも(?)お酒やナンパなどの男女関係のトラブルはTOP10圏外。以下、女性たちから寄せられた「ケンカ理由」の詳細を見ていこう。

●1位 チケットやキャンプ道具など準備をめぐるトラブル(25.0%)
「待ち合わせ時間が予定と違っていた」(36歳)
「経験が足らず、荷物が多いし役に立つものがなかった」(26歳)
「渋滞で予定していた時間に着かず、お互いイライラして」(32歳)
「彼氏が行きたいイベントで誘ってきたのに、チケット代を出してくれなかった」(28歳)

●2位 テント設営、火おこしなど、キャンプにまつわるトラブル(20.0%)
「タープ設営に2時間かかってしまった」(37歳)
「機材を整えているのに全然使いこなせてくて、がっかりした」(28歳)
「高いテントを気合い入れて買ってきたのに、組み立てられなくて」(32歳)

●2位 長時間並ぶなど、トイレをめぐるトラブル(20.0%)
「トイレが物凄く混んでいて、戻るのに30分位かかったら遅いと言われて。野外フェスの女子トイレは、混むのは当たり前なのに」(30歳)
「トイレに並んでいて、割り込みしていた人に彼氏がオラオラしたから怒った」(33歳)

●4位 歩くペースが合わないなど、体力をめぐるトラブル(18.3%)
「たくさん歩いて体力が消耗して、テンションが下がってしまいお互い相手のことを考えられない状態になってしまって」(36歳)
「こちらが疲れているのに配慮がなかった」(31歳)
「相手の歩くのが遅くて好きなアーティストのステージが見られなくて当たってしまった」(37歳)

●4位 入れない、長時間並ぶなど、お風呂をめぐるトラブル(18.3%)
「フェスの帰りに温泉や銭湯をプランに組み込んでいないのは女子の気持ちをわかっていない」(32歳)

1位もそうだが、2位「キャンプにまつわるトラブル」も、事前の準備でじゅうぶん回避できそう。

ただ一方で、筆者の経験からいわせてもらうと「どれだけ準備しても、フェスではほぼ必ずトラブルが起こるもの」。しっかりと準備したうえで、それでも起こってしまうなら、「トラブルさえも一緒に楽しむ」という心がけで乗り越えたい。それができる相手は、もしかしたら理想の相手かもしれない?
(関 泰介/ユーフォリア・ファクトリー)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/23(木) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。