ここから本文です

内藤剛志、クランクアップにも「僕は泣きません!」

Smartザテレビジョン 6/23(木) 5:00配信

6月23日(木)夜8時から最終回2時間スペシャルが放送される「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)。先日クランクアップを迎えた主演の内藤剛志がコメントを残した。

【写真を見る】最終回にゲスト出演するサンドウィッチマンの伊達みきお

101日間にわたる撮影をこなした内藤には、スタッフから大きな花束が。先にクランクアップを迎えた、共演の金田明夫が感極まって涙したのを受け、「この『捜査一課長』をこれで終わりにはしたくないので、僕は泣きません!」と宣言、涙をこらえてあいさつした。

また「『土曜ワイド劇場』から『木曜ミステリー』に移ると聞いたとき、どう闘えばよいのか分からず、正直言うと“エッ!”と戸惑いました。でもクランクアップを迎え、ここにこうして立っていられるのは、スタッフやたくさんの俳優さんたち、そして応援してくださった視聴者の皆さま、全員の力だと思っています。タイトルは『捜査一課長』ですが、僕の中では『僕たちの捜査一課』というドラマだと思いながら演じてきました」とコメント。

最後に「来年は62歳になりますが、まだまだ負ける気はありません! さらなる力をつけてきますので、ぜひまたお会いしましょう!」と、続編に強い意欲を見せた。

また、23日(木)放送の2時間スペシャルには清水美沙、伊達みきお、ジュディ・オングらがゲスト出演。今シーズンの締めくくりとなるエピソードを盛り上げる。

伊達は謎の画商・安達政宗役として物語のキーマンを熱演する。刑事ドラマの出演経験はあるものの、チンピラ役ばかりだったという伊達は「今回は事件の鍵を握る役で、ものすごくうれしい。必死に台本を読んで練習してきました!」と意気込む。

そして「役名も“政宗”だし、最終回スペシャルなのに僕だけふざけているみたいでよいのかなとも思いますが…とにかく伊達家の本家からクレームが来ないことを祈っています(笑)」と場を和ませた。

最終更新:6/23(木) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革