ここから本文です

ルノーから「カンヌ映画祭」の名前を冠した限定車発売!

東京ウォーカー 6/23(木) 13:45配信

ルノー・ジャポンは、 ルノーが1983年からサポートする世界3大映画祭のひとつ「カンヌ映画祭」のオフィシャルカーをイメージした限定車「ルノー キャプチャー カンヌ」を、6月23日(木)から全国50台限定で販売を開始した。価格は289万円。

【写真を見る】ボディ側面に輝くカンヌ映画祭の公式エンブレム

ルノーと映画の関わりは深く、創業当時の1920年代、工場の近くに映画スタジオがあったという。以来、車両を貸し出すほか、フランスで毎月行われている様々な映画祭に協賛している。そして今年5月に開催されたフランス最大の映画祭「第69回カンヌ映画祭」にて、300 台を超える車両をオフィシャルカーとして提供し、来場したセレブリティをレッドカーペットへと送り届けた。

そのカンヌ映画祭の名前を冠した限定車「ルノー キャプチャー カンヌ」は、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバー「ルノー キャプチャー」の上級グレードである「インテンス」をベースに、ブルー マリーン フュメ+カプチーノ M(20台)と、イヴォワール+カプチーノ M(30台)という2色の専用ボディカラーを用意し、側面にはカンヌ映画祭の公式エンブレムが奢られている。室内に目を向けると、ブルーレイ対応高画質 9 インチ大画面 SD ナビ ゲーションシステム、前席シートヒーター付き専用レザーシートなどを装備。プレミアムな空間は“走る映画館”という言葉が相応しい1台だ。

この限定車の発表会にて、ルノー・ジャポンの大極代表取締役社長は「ルノーはフランスで様々な文化活動を行っています。カンヌ映画祭への協賛もその一つ。そして我々ルノー・ジャポンも、日頃から明日オープニングを迎える東京・有楽町で行われている「フランス映画祭2016」に協賛をはじめ、車を販売するだけでなく、日本におけるフランス文化の情報発信、そして車のある楽しい生活を伝えたいと思っています。今回発売するキャプチャー・カンヌの仕上げは日本車では中々見かけないタッチでフランス色が強い1台。車とフランスの文化をキャプチャー・カンヌで楽しんで頂ければと思います」と語った。

ルノー キャプチャー カンヌで、フランスのテイストとセレブリティ気分を味わってみてはいかが。【東京ウォーカー】

最終更新:6/23(木) 13:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ