ここから本文です

笑撃コラボ!よしもと芸人がビックリマンシールに!

東京ウォーカー 6/23(木) 17:37配信

1980年代から1990年代初頭にかけてブームを巻き起こしたロッテのおまけ付きチョコレート菓子「ビックリマン」と吉本興業がコラボ。よしもと芸人がシールになった「よしもとビックリマン芸人チョコ<連合軍芸人>」(想定小売価格・税抜100円)を東日本先行で、「よしもとビックリマン芸人チョコ<関西出身芸人>」(想定小売価格・税抜100円)を西日本先行で、それぞれ6月28日(火)に発売する。

【写真を見る】6月28日(火)に西日本先行販売される「よしもとビックリマン芸人チョコ<関西出身芸人>」(想定小売価格・税抜100円)

関西出身以外の芸人で構成された「よしもとビックリマン芸人チョコ<連合軍芸人>」は、次長課長や平成ノブシコブシ、渡辺直美といった38名のよしもと芸人をキャラクター化した全24種類のシールが登場。トレンディエンジェルの2人が“スーパーゼウス”に変身するなど、意外なコラボにも注目だ。

「よしもとビックリマン芸人チョコ<関西出身芸人>」では、ブラックマヨネーズやケンドーコバヤシ、銀シャリなど、31名の芸人がラインアップ。こちらは、麒麟の2人がなりたいビックリマンのキャラクター化を実現。田村は「ネロ魔身」、川島は「魔胎伝ノア」とコラボして登場する。

シールのイラストはすべてビックリマンイラストレーターによる全種類描き下ろしで、それぞれ5種類のシークレットシールも含まれている。誰とどのキャラクターがコラボしているのか気になるところだ。【東京ウォーカー】

最終更新:6/23(木) 17:37

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。