ここから本文です

本社ビルに落書き!三菱鉛筆社がキャンバスになる親子イベント

東京ウォーカー 6/23(木) 20:55配信

6月25日(土)、三菱鉛筆社は解体前の旧本社ロビーの壁や床、ガラス窓に落書きできる「わくわく“楽描き”イベント」を開催する。3歳から15歳までの子どもを対象に、会社を巨大キャンバスに見立て、自由に落書きできる。

【写真を見る】取り壊す前の旧本社ロビー。壁や窓、床に落書きできる大胆なイベント

このイベントは、当社の本社ビル仮移転に伴い企画されたもので、解体される旧本社の1階ロビーを巨大なキャンバスとして開放。文房具メーカーらしい大胆なイベントだ。ゲストには、多方面で活躍するアーティストのAZIが登場。スペシャルライブペイントも行われる(10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00の3回)。また、プロのアニメーターが「鉄腕アトム」、「ちびまる子ちゃん」、「アクビガール」といった人気キャラクターを壁に描いたキャラクタールームも特別に公開。直筆の人気アニメ作品を間近で見ることができる。大きな壁や床にめいっぱい落書きできるので、当日は汚れてもいい服装で参加しよう。

JR大井町駅から徒歩3分のアクセスの良さもうれしい。取り壊すビルをキャンバスに、この日だけの貴重な“楽描き”体験を楽しもう。【東京ウォーカー】

最終更新:6/23(木) 20:55

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。