ここから本文です

長山智美のラブリ~民芸 「タラベラ陶器」

Casa BRUTUS.com 6/23(木) 14:00配信

スタイリスト長山智美が世界各国のラブでキュートな民芸品、手工芸品をラインナップしました「ラブリ~民芸」。連載第2回目はスペインの伝統的器「タラベラ陶器」をご紹介さしていただきますの。

本連載も2回目。第1回目掲載品、スウェーデン玩具のダーラナホースを見てくださりました方より「ラブリ~民芸収蔵品には使える日用品は無いの?」てなご質問をいただきまして、「ならば!」と今回は数ある伝統陶器の中でもワタクシのイチオシ、スペインの「タラベラ陶器」てのをご紹介さしていただいちゃいますの。

こちら、古くから焼き物の産地として有名なスペインのタラベラ・デ・ラ・レイナなる街の陶器工場にて手作り生産されてますつう由緒正しきお品。絵柄も全てハンドペイントにて施されてございます。ハッピーなお花や唐草のモティーフもこの地方で数百年もの長い間描かれ続けてきましたもの。

そして、コチラでは掲載してございませんが動物柄なんてのもございます。ちなみに動物柄は男性が、お花柄は女性が描くつうのが昔からのしきたりですとか。ならば、今回セレクトのお品は全て女性が描いたモノなのでございましょう。

お皿は後ろにハンギング用の穴が開いてございますゆえ、お食事のご使用以外に壁のデコとしてもお楽しみいただけますの。

おウチでのおもてなし時、このよなほっこりカワユイ器たちでお料理サーブしてみるならば、たとえデパ地下お惣菜グルメでもワタクシの拙きお手製フードであっても、とりあえずは女子力最高峰な一品に偽装できちゃいそな予感。 何事もまずは器などカタチから入るのが王道かと存じます。あ、もちろんホントのお料理上手なら、さらにすてきにお使いいただけるハズでございます…。

photo_Keiko Nakajima styling & text_Tomomi Nagayama

最終更新:6/23(木) 14:00

Casa BRUTUS.com